スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

迷子No.83 オカメインコ (東京都)

 迷子№83 オカメインコ  無事帰宅!
※ 迷子№は迷子になった年月日に関係なく掲載受付順になっております

lemon.jpg



いなくなった場所:練馬区東大泉 
いなくなった日時:2009年7月28日18:30頃

・名前: レモン 
・年齢: 3歳
・性別: オス
・全長: 20センチ
・色:薄黄色、羽に薄灰色模様
・性格: 人になつきます。元気な明るい子で、レモンと呼ぶと、手の甲や肩に乗ります。
・話せる言葉:
 ニーハウ、レモン、こんにちは。口笛のように歌います。

7月28日夕方6:30頃、玄関まで家族を迎えにきた途端、強い風にあおられて、誤って家から飛び出してしまいました。



【飼い主さんからの帰宅報告】

迷子オカメインコのレモンちゃんは無事に帰宅しました!


8月8日、レモンちゃんは親切な保護先のお宅から11日ぶりに家に帰りました。

私と同じように、我が子を失うという辛い経験をした飼い主の皆さんのために、

レモンちゃんが見つかるまでの経過を詳しくご報告します。



7月28日夕方6:30頃、玄関の前に立った私は、レモンちゃんの嬉しい鳴き声を聞きました。

それは、家族の帰りを首を長くして待っているレモンちゃんが、家族の帰りを知った時の嬉しい鳴き声でした。



しかしその日は、高いマンションの玄関前では強い風が流れていました。そして悲劇が起こりました。

喜びながら迎えてくれたレモンちゃんは、強い風に吹かれて、すーっと行きすぎてしまったのです。

一度飛び戻ったという目撃情報もありましたが、私達が見た最後の姿は、玄関前に一瞬で飛ばされたレモンちゃんでした。



一旦飛び出してしまうともう戻る事はできないと思った私は、「レモン、レモン」と一生懸命叫んで、必死に呼び戻そうとしました。

近所の方々は、気が動転した私の手伝いをして、一緒に探してくれました。

マンションの隅々で、近所のあっちこっちでレモンちゃんの名前を呼びました。レモンちゃんがいつも吹いていた口笛をまねて、一生懸命呼びかけました。

その捜査は深夜3時まで続きました。

そして、翌日の朝5時から捜査を再開しましたが、レモンちゃんの姿はどこにもありませんでした。



家族の手の上で育てられたレモン。自然界の厳しさを全く知らないレモン。

これからどうやって生きていくのか?カラスに追われたらどうするのか?

私はたくさんの不安を抱えました。



しかし、このような厳しい試練は、レモンちゃんにとっては初めてではなかったのです。

去年の春、レモンちゃんは、部屋のカーテンの重りとして使われている鉛を大量に飲んでしまい、死にかけていました。

50日間入院治療を経て、ようやく一命を取りとめ、家族のもとに戻ったのです。



そんなレモンが、なぜ、家族を迎える途中で風にあおられなければならないのか?

すごくすごく大事にしているレモンを、なぜ、再び失わなければならないのか?



悲しい思いをしながら、私たちは、速やかに以下の行動に移りました。



1.チラシを作成し近所に配布しました。そして、印刷会社に依頼してチラシを大量印刷しました。

2.かかりつけの動物病院に相談をしてアドバイスを受け、オカメインコの習性も教えてもらいました。

3.動物病院のアドバイスから、練馬区内の警察署と保健所に捜索願を出しました。

4.インターネットを利用して、オカメインコが長距離まで飛べる知識と探し方の情報を得ました。

5.捜査範囲を広げて、周辺17の警察署に捜索願を出しました。

6.インターネットで「ペットの迷子サイト」を探し、その掲示板にレモンちゃんの写真とメッセージを載せました。

7.近くの動物病院、ペットフード店、ホームセンター、スーパー、コンビニ、交番にチラシを配布し、張ってもらいました。



オカメインコはかなり遠くまで飛べるので、最終的に効果を上げたのはインターネットでした。

インターネット掲示板、メール、電話を通して寄せていただいた情報は、全部で8件でした。

その中に、保護先の方からのうれしいメッセージがありました。

レモンちゃんは家から5キロ離れた埼玉県の朝霞駅付近で保護されていました。



保護してくれた方は、レモンちゃんがエレベータから飛び出して来たのを見つけて一度捕まえたそうですが、すぐ逃げられてしまったそうです。

そこで、網道具等を買って来て、周りの方の協力を得ながら30分くらいかけてレモンちゃんを保護したそうです。

その後お宅で大切に保護しながら、私達を探してくれました。

保護していただいた皆様、本当にありがとうございました。皆様のお陰で、我が家の幸せが戻りました。



なぜレモンちゃんがエレベータに入ってしまったのかを考えると、おそらく、一生懸命家に帰ろうとしていたのではないかと思います。

普段レモンちゃんを連れて外出した時は、必ずエレベータに乗って家に帰るからです。

レモンちゃんはきっと、エレベータは自分のお家につながっていると信じ、エレベータに乗り、家を探していたのでしょう。



そんなレモンちゃんの足取りから下記のことが推測できます。



1.オカメインコは5キロ先まで飛ぶ事ができます。

2.飛ぶ方向は風向きと一致します。

3.2,3日間は外で過ごす事ができます。その後体力が衰え、人間に近付きます。

4.保護されても再び逃げ出す可能性があり、疲れ切った時に容易に保護できます。



長い文章になってしまいましたが、皆様の小鳥が家に帰りたがっていることを信じ、

小鳥と飼い主の皆さんとの強い絆を信じ、そして、小鳥の生命力を信じて頑張ってください。



From.レモンママ

テーマ : 小鳥大好き - ジャンル : ペット

2009/07/28 09:57 | 迷子情報コメント(2)トラックバック(0)  TOP

コメント

無事帰宅しました

掲示板を開設して、そして管理してくださる管理人の方、情報を寄せてくれた皆様、本当にありがとうございました。迷子の小鳥はみんな早くお家に帰られるように、心からお祈りいたします。

No:24 2009/08/11 00:45 | レモンママ #ooIYk4NQ URL [ 編集 ]

まずはレモンちゃんの無事帰宅!本当によかったですね!v-22
そして帰還報告にくわえ、迷子を探されてる家族のためのアドバイスもありがとうございました。
こちらはレモンちゃんの記事のほうへアップさせていただきますね。
レモンちゃんいっぱい、いっぱい可愛がってあげてくださいね。
レモンちゃんが ご家族のもとでこれからずーっと元気で長生きな子でありますように。。

No:25 2009/08/11 11:38 | 管理人 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。